皇室御用達 前原光榮 オーダーメイドファクトリー

皇室御用達 前原光榮の匠が心を込めて、貴方だけの紳士傘をお創りします

心斎橋みや竹 Koei-Maehera Website Produced by Kazuhiro Miyatake



前原光榮紳士傘定番品の受注作成は下記ページで承っております


★特別仕立コーナーが人気です
ハンドル、傘生地、仕立、名前彫りをセレクトできるオンリーワンの傘
仕上がりの目やすは、ただいま標準仕立は約2〜4ヶ月 特別仕立は約4〜6ヶ月です
作成やご進物の相談・アフターフォローもおまかせください。


老舗・オーダーメイ

前原光榮コンセルジェ 宮武和広(生粋の傘専門店 心斎橋みや竹四代目)

前原光榮商店のオーダーメイドに、私は長い歳月をかけ心血を注いでまいりました。 まず古に三越特撰サロンで販売されていた手法を今に甦らせ、そしてネットユーザーの皆様の声を汲み取って、 どんどんお客様の心に添うようなオーダーシステムに進化をさせてきたのです。その進化はこれからも続くでしょう。

『他店はさしおき必ず当店でお求めください』などと、僭越な事は申しあげません。 しかしながらオーダーメイドだけは、『心斎橋みや竹で前原をオーダーしない理由が寸分もみあたらない』と いうことを、是非お伝えしたいのです

さらに詳しく⇒続きを読む

1〜4の順にカゴに入れて注文ください▼詳しくはここをクリックしてください。
ハンドル 傘生地
傘生地
名前彫り 包装

ハンドル


日本の雨には日本の傘

随分前のことですが、 傘生地を売って欲しいと遥々日本にきた英国の傘メーカーに、きっぱりと断わったことがあります。 「骨とハンドルがついて、はじめて傘というんですよ」このこだわりが私達の誇り。

日本の雨は重たいのです。欧米の軽い雨なら濡れても爽やかなのですが、質量が高いため濡れたら不快と感じます。 海外で買って帰った傘が防水面で使用に耐えないことがあるのも、このせいでしょう。 英国と比べ大粒の日本の雨には、日本の雨を知っている国産の傘が一番といえるでしょう。


真のブランドを求めて

前原光榮の使命は「手作りの文化を伝え続ける」ということです。 突き詰めれば、傘は雨をしのぐ道具。まずは「道具」としての要素が 優れたものでなくてはなりません。 しかし物をはこべれば良いという「目的」だけなら、 紙袋だけで事足りますが現実はそうではありません。 TPOに合わせて、 独自の価値観を満たすことのできるような、自己表現のできる「道具」でなくてはなりません。

良き車をかえばドライブに行きたくなるように、 素敵な服を買えば、街へ出かけたくなるように、 前原光榮の傘を買えば、雨降りが楽しくなるような、待ち遠しくなるような、 そんな傘を創造しつづけたいですね。

前原光榮はリピーターを増やすこともテーマ。 一度失意を抱かれると、もうニ度とそのメーカーの傘は手にされないでしょう。 買っていただいた方には必ず気に入っていただけて、ご納得ご満足いただける。 また今度も前原の傘を買ってみたいと思う。 自分の友人にも、家族にも、そして本当に大切な方への贈り物として…。

お母さんが嫁いだ時に選んだ傘だから、娘の仕度品としても揃えたいと思う。 お父さんが一人前になった時に手にした傘だから、息子が成人したら誂えてやろうと思う。 そういった、傘の世界では一見無縁とも思われる 「生涯顧客」「代々顧客」を培っていきたい。これも前原光榮のテーマです。

また、私達の傘の良さは「時の流れに朽ちない生命力」 前原光榮の良さは『モデルチェンジがない』ということです。 目先の流行を追い求めて様々なスタイルに姿をかえるライセンス商品と違い、 ずっと基本的なモデルチェンジがないからこそ、長年のメンテナンスが効きます。 真のブランドとは、きっとそういうものです! お客様の想い入れを大切にしたいのです。

一過性のものではないから、十年・二十年たっても修理ができる傘。 そして決して時代遅れなどとは言われない傘。愛着をもち年月を重ねていくにつれ、 光をはなっていけるような品、 「前原光榮の傘は一生ものだよ」と言われるのが、何よりの誇りです。 そして前原の傘は変化はなくとも進化します。

興味深いエピソードを紹介しましょう。 統括する立場の私が、職人にいろんなアイデアを持ちこむと 「慎史さん、実は私も同じことを考え、既にやってありましたよ」と微笑まれるのです。 私がもつ以上に、職人さんたちが愛着をもたれ、 「前原の傘ゆえにいい加減な仕事はできない」という強い気持ちを、自主的に 抱いておられるのです。この職場との阿吽の呼吸も、またうちの物創りの特色です。

最後にもうひとつ! (残念ながら)大きなメーカーさんほど商品の扱いがぞんざいにならざるをえません。 返品を受けた傘を投げたり、上をまたいだり…私には耐えられません。 前原の誇りはひとつひとつの傘にやどる「いのち」を大事にしたいということ。 傘は大事な人生のパートナーです。一本一本にやどる大切な「いのち」を 是非大切にしてあげてください。すると傘も貴方に忠誠を尽くすことでしょう

前原光榮商店 三代目 前原 慎史