つゆ先留めの「スライド形態」というのは
みや竹さんのHPのスペック紹介にある、 前原のGentle16などの「つゆ先留め/スライド形態」というのと 「つゆ先留め/ネーム形態」の違いを教えてください


◆ つゆ先留めの「スライド形態」というのは、文字どおりリングが スライドして骨の先端を纏める様式のことです。そしてお尋ねの ネーム形態ですが、ハンドルの材質やデザイン等でそういった スライドを設置できない場合に、骨の先端のところに生地をまき つけてボタン止めする様式があります。

これが「ネーム形態」です。

必ず傘の胴体には、纏めるための大きな生地紐がついていますね。 あれをネームといいます。それと同じ様式で、細く小さいものを ハンドルの真下の骨の纏まる部分につけていることです。

玄人用語では「くちネーム」ともいいます。

概ね紳士傘は、どちらかというとスライド式が多く、婦人傘は 後者のネーム式が多いですね。


back

Copyright(C) kasaya.comKazuhiro Miyatake All rights reserved
このコラムの著作権は心斎橋みや竹に属し、法により保護されています。
無断転載を一切禁じます。引用・紹介の場合は必ず事前許諾をえてください

kasaya.com kasaya.com home