傘が開いたまま閉じなくなりました!
こんにちは なんどかこちらのHPを通じて購入したことがあります。
今回はこちらで買ったものとは違う傘なのですが 困ったことが起きたのでご相談なのですが かまいませんでしょうか?
実は今日雨が降っているので傘をさそうとしたところ 勢いがあまって上の方で止まるところを通り越して 一番先端のところまで突き抜けてしまい開いたまま 閉じようにも閉じることができなくなりました。

普通傘をさすと上のポッチ(?)で止まるはずですよね。 それがなぜかてっぺんまでいってとまっちゃったんです。
引っ張って元に戻そうとしたのですがすごく固いし 傘の骨を折ってしまいそうであまり力も入れられません。 これはあきらめるしかないのでしょうか。。。 結構気に入ってたんですが。。



◆御電話にて即サポート

はい、原因はビョウと呼ばれる「シャフトの上で『これ以上先にいってはいけませんよ』と 通せんぼしている小さな部品」が飛んでしまったことですね! ちょうど車止めをこえた電車のように、傘は停止位置をこえて天に衝突! 脱線モードです。

ここで力まかせに、ひとりが押さえつけて、もう一人が「せーの」で引っ張り返す、 荒手の手法もありますが、女性の力でも充分対処できる方法を御教えします!

概ね傘は「露先(つゆさき)」と呼ばれるチップに生地が糸でとめられ、キャップ式のように 骨に乗っかって引っ張られている形態です。 この張力を逃してやればよいのです。

骨を多少曲げるかたちで(弾力があるので少々は大丈夫)要領よく、この「露先(つゆさき)」を ぜんぶ取り外してください。すると女性の方でも簡単に引き戻すことが可能です!

後をよくご覧ください、ビョウがうちこんであったあたりに穴があいていますね。 簡単な応急処置としては、その位置を底部として「輪ゴム」や「固めの戸当たりテープ」などを 巻いておくことです。つまり「ろくろ(ランナー)」と呼ばれるものが、その位置より上にあがらなければ いいのです!ただ、巻くのが下すぎると開いてとまらなくなりますので、これは注意して下さい。

正式処置としては「ビョウ」をもう一度シャフトに打ち込むことで、木の棒の場合でしたら いちばん小さな釘を打ち込んで御自身で修理することも可能ですが、金属シャフトの場合は難しいものが ありますので、販売店で修理若しくはメーカーにまわして修理を依頼しましょう。

私が「傘はデパート傘売り場か傘専門店で」と提唱する理由もここにあります。 おそらく一般雑貨店ではこういった修理体系・知識はないでしょうから、場合によっては あきらめざるをえません。アフターフォローの点からも、傘専門店で御求めになることを 推奨しておきます。


先ほどはお電話ありがとうございました。 キャップをすべてはずしたところ簡単に閉じることができました。 一応応急処置としてゴムひもを巻いておきましたが近いうちに修理に持って行くつもりです。 ご親切に本当にありがとうございました!!助かりました!
back

Copyright(C) kasaya.comKazuhiro Miyatake All rights reserved
このコラムの著作権は心斎橋みや竹に属し、法により保護されています。
無断転載を一切禁じます。引用・紹介の場合は必ず事前許諾をえてください

kasaya.com kasaya.com home