台風にさして傘が潰れたのですが?
台風の日にさして骨がばらばらになりました…


■PL法表示にもありますように、強風時は安全面からも御使用をお控えいただきますようお願いします。

看板が飛ぶような日は、いかに強い構造の傘でも壊れてしまいます。 ですから台風来襲時はお出かけにならないのが一番ですが、もしやむを得ず外出せねばならない時は、 弊社でお買い求めいただきました「お気に入りの傘」ではなく、壊れても良い傘をおさしになるか、 レインコートの着用をおすすめします。

■もし傘使用時に急に風雨が強まった時は…

ただ開いたままでは壊れる確率が高くなります。 シャフト中間にあるハジキ(パッチンと出る部分ですね)を解いて、一旦傘を閉じてしまってください。 そしてハジキに頼らず、風の当たり具合を確かめながら、手で傘の開き具合をマニュアル調整するようにして持ってみてください。 安全な場所に辿り着くまでは、傘を守ることができるかも知れません。

■ビーチパラソルやマーケットアンブレラ等は

対人事故を防ぎ、安全のためにも絶対御使用はさけてください。 またパラソルやベースを安全な場所に待避させてください。 強風時に使用されたことによる破損に関しましては、 修理不可能な場合もありますので、ご注意ください

■注意をはらっていても、心ならずも壊れてしまった時は…

修理の可能なものならこちらからお申し込みいただければ「修理」を承ります。 ただし当店でお買い上げの傘にかぎらさせていただきますので、 どうぞ御了承ください。
また台風等の強風下で無理にさされたことに起因します破損は、 お買い上げ時期の如何を問わず、すべて有償修理になりますのでご注意ください


back

Copyright(C) kasaya.comKazuhiro Miyatake All rights reserved
このコラムの著作権は心斎橋みや竹に属し、法により保護されています。
無断転載を一切禁じます。引用・紹介の場合は必ず事前許諾をえてください

kasaya.com kasaya.com home