雨傘が汚れたら洗えますか?
雨傘が汚れてしまったら、それは洗えますか?


まず基本的な大原則からいいますと、雨傘は洗うことができません。 防水は防汚作用も兼ねておりますので、通常の生地よりは汚れにくいですが、 汚さないように いつも陰干しをして手入れをすることが大事です。 ことさら錆がでると傘の 汚れも加速的に早くなりますのでご注意ください。

でも、それではコラムの意味がありませんので、ここでは特別に禁じ手をいくつか ご紹介します。 ただ、お断りしたいのは汚れがとれるということは、その部分の防水も とれるということですから、あくまでも小さな部分に限っての最後の手段として とらえてください。けっして大手をふって御推奨できる方法ではありません

1.せっけんのから拭きで消す
ぼやけたり、にじんだりしたシミの場合、石鹸の乾拭きでするととれることがあります。 タオルにつけて叩くようにしてください 濡らしてはいけません。余計に汚れが広がってしまいます。

2.消しゴムで消す
はっきりした小さなシミの場合、消しゴムで取れる場合があります。 消しゴムのあたる部分に鉛筆の 成分がないよう下擦りをしたあと、 裏から手を添えて汚れの部分を注意深く消します

3.ベンジンで消す
油しみの場合はやはり、ベンジンで取るしかないでしょう。

ただいずれの場合も元生地にダメージを与えないという保証はありません。 あくまでも奥の手であることをお忘れなく。汚れていてもともと、落ちれば儲けものといった 気持ちでされるのがいいですよ。


back

Copyright(C) kasaya.comKazuhiro Miyatake All rights reserved
このコラムの著作権は心斎橋みや竹に属し、法により保護されています。
無断転載を一切禁じます。引用・紹介の場合は必ず事前許諾をえてください

kasaya.com kasaya.com home