掲載記事

kasaya.com
毎日新聞 1999.8.27
雨にも負けず悔しさばねに
仮想店舗でのれん再興!

 創業100年傘専門店 四代目店主  大阪・心斎橋で創業100年の傘専門店「みや竹」が、経営不振から 2年半前に姿を消した。「店はつぶしても、負けへんで」。四代目店主 の宮武和広さん(40)は、悔しさをバネにインターネットに仮想店舗を 開き、老舗の暖簾再興を果たした。成功のカギを握ったのは、商品の目 利きや客のもてなしなど、昔ながらの心斎橋の商い。ネット上で、なに わの商人の意地と元気が光る。

(文・渡辺 精一、写真・金子裕次郎)


「このままでは、店持たへんで」。税理士の言葉が初めは信じられなか った。  みや竹は1896(明治29年)、米国帰りの宮武さんの大祖父が興した。 ハイカラな傘やショールを集め、大正時代にはモボ・モガが集まる流行 の発信地に。心斎橋をリードするファッションスポットとして知られた。 しかし、1996年当時の月商は約1000万円とピークの約20年前の半分に。 逆に、人件費などのコストは月1500万あり、営業を続ければ赤字が膨ら む一方。一等地の立地も災いし、先代である父に万一のことがあれば、 約3億円の相続税がのしかかる恐れも抱えていた。

 「将棋なら“詰み”。もう、どこに駒打とうと負けや。」翌97年1月、 店を閉め、1世紀の歴史にピリオドを打った。「あのボンボン、しょせ んアカンたれやってんな」。シャッター越しの冷笑に涙で絶えた。  失意のうちにも希望はあった。注目されていたインターネット・ショ ッピング。ネット販売なら、立地にも左右されないうえ、在庫圧縮も可 能だ。加えて、傘のことならなんでも知っているという絶対の自信があ った。パソコンを買ったばかりのデジタル音痴だったが「がけっぷちや。 大学受験の10倍の猛勉強で、火事場のばか力出しました」。

 店名は、老舗を受け継ぐ「心斎橋みや竹」(http://www.kasaya.com) に。アドレスの読み方は、カサヤ・ドット・コム。「傘屋どっと込む」 を掛けた。手作りのシルク傘から、伝統の和傘、片手に収まる折り畳み からビーチパラソルまで、約1000種。大阪市西成区の自宅を改造してパ ソコンを並べ、電子メールで注文を受け付ける。フタを開けてみると、 売上高は最初の3ヶ月たった15万円。だが、10ヶ月後に1万円の高級傘が ヒットしたのを転機に。今では300万円の月商を確保する。  ネット通販は大手企業も注目するが、まだ成功例は少ない。宮武さん は「先駆者」として、ネット上で一躍有名になった。

 「大切なのは、商品への目利きとウンチク。電子メールで問い合わせ があれば100%、360度答えられないと客に見透かされる。心斎橋なら当 然ですわ」。大手などが苦戦しているのは、商品を並べるだけで、商い を知らないからと宮武さんは言う。 注文や質問が舞い込めば、素早く返信する。基になったのは心斎橋で 培ったきめ細かい接客対応だ。また、母の日、クリスマスなど時期に応 じてキャンペーンを張り、お薦め品を選ぶ。売れ筋をつくるコツもルー ツは心斎橋にある。ネットでも、心斎橋商法はピタリとはまった。

 しかし、その心斎橋も、かつての勢いはない。みや竹だけでなく、老 舗はくしの歯が欠けたように消え、ゲームセンターやファーストフード 店に変わった。周辺の地下街やショッピングモールは顧客獲得を争って いるが「心斎橋は手をこまねいている」と嘆く。 一方で、ネット上には志を持つ商人がゴロゴロ生まれている。メール 一本で商売のノウハウを伝え合い、語り合うなど、ヨコのつながりも強 い。「今度はネットに往年の“心斎橋”のにぎわいを再現したい」。宮 武さんの新たな夢が膨らむ。


毎日新聞のホームページ
毎日新聞ご購読のお申し込み
back