yonedaメインページへ戻ります 前原光榮の傘造り-Mehara Story
HELPをひらきます Current Page

前原光榮の傘が永年の命をもつのはなぜだろう。 時の流れに色褪せていく「ライセンス商品」の一過性で移り気な感動とは相反して、 20年たっても決して「時代遅れ」とはいわれない傘。 パーツにこだわり、使いこめば使いこむほどに愛着がわく傘。 ほころび朽ち果てようとも、使った人の心に大きな余韻と歴史を刻む傘。 愛情をこめた、真の「もの造り」の姿勢がここにはある。

(c)maehara kouei JAPAN,kasaya.com 1999 無断転載を禁じます