心斎橋みや竹
  >
皇室御用達 前原光榮商店
    >
傘を極めた 前原ジェネシス

|前原光榮 |モンブラン |WAKAO |米田正一 |小宮 |エイト |和傘 |ビーチパラソル |

皇室御用達 前原光榮商店 オンラインショップ


Maehara Imperial Fantasy
Maehara Genesis


★Genesis-1 男性用63cm(受注生産:制作期間約二年半)★

\ 2 0 0 0 0 0
* 税込 \216,000 *

★Genesis-2 女性用58cm(受注生産:制作期間約二年半)★

\ 2 0 0 0 0 0
* 税込 \216,000 *

前原神話 創世紀

伝統工芸から生まれた「文化」としての傘。次世代へ語り継いでいきたい「物語」としての傘。 宝として誇りたい「財産」としての傘。それがまさに「前原Genesis」です。 10年前に特別注文としてごく限られた方だけに制作をはじめ、 今まで20本を作成しただけの伝説のシルク傘が遂にインターネットで公開販売されました。 年間生産数に限りがありますのでご容赦ください。

【総輪島塗り】

いいものを創る姿勢が極まれば、中棒は輪島塗りに昇華しました。 椀や硯で定評のある「水に強い」特性をいかした、傘との素晴らしいベストマッチ。 胸のすくような漆感覚がもつ方のお洒落心に最高の満足をはこびます。

【喇叭接ぎ】

手元と中棒は「喇叭(らっぱ)接ぎ」という特殊な細工法。 通常は予め削った中棒をハンドルと接着させますが、ここでは同じ太さで接いだものの 棒部分を丁寧に削り上げるという手間暇のかかった仕事がなされています。
喇叭接ぎの一例

西洋傘では棒と手元が同じ1本の素材で作りあげたものがありますが、前原光榮は あえて別素材の接合を選択。なぜなら中棒は「樫」手元は「楓」こそが ベストパフォーマンスを持ちえると考えたからです。 その2つの素材を見事な統一感で纏め上げるのが、贅沢な「総輪島塗り」なのです。

【贅沢三昧シルク&18K加工】

この傘の贅沢は留まるところがありません。 豪華な18Kメッキが惜しげもなくほどこされています。 もはやこれは「傘」ではなく「芸術作品」です。

●陣笠(傘の天井部分に表から打ち込んであるもの)
●ロクロ(開け閉めの時に手で保持する部位)
●ハジキ(傘をとめるために中棒に仕込んである針金または板)
●親骨、受骨(親骨・・生地と生地の縫い部分の裏側にあたる主要な骨、受け骨・・その親骨を中棒方向から支持する骨)
●だき針(親骨を上ロクロに巻き付ける針金)
●ネームボタン(傘を纏める時に使う小さな布のボタン部分)
●傘袋:ズカン、ホック(傘袋の両方の下穴の部分の金具とホック)

【前原神話 創世紀】

以前は象牙を使った傘、受注ろうけつ日傘など40〜50万の傘も制作販売していた前原光榮。 皇室御用達としてこの国をリードするトップメーカーであるからこそ、 世界に誇れる「いいもの」を創ろう!という心が再び結実しました。 出来上がりを待つ30ヶ月のあいだ沸沸と高揚する思い。 作品を手にされた時、貴方のお洒落心は最高潮に達することでしょう。 一生に幾度とない「真の満足」との出会い。 前原光榮が演出します。 この傘はまさに創世紀(ジェネシス)・・・傘神話はここからはじまります。

【スペック】

親骨/63cm×8本、露さき/糸まき
素材/絹100%
中棒/樫(輪島塗り)
握り手/楓(輪島塗り)

【18Kメッキ部分】
陣笠、ロクロ、ハジキ、親骨・受骨
だきはり(親骨を上ロクロに巻き付ける針金)
ネームボタン、傘袋のズカン、ホック


ご注文に関するお願い

★Maehara Genesisご希望のお客様へ★

Maehara Genesisは、すべてお客様のオーダーによる完全受注生産になっております。 決済処理の後、製作にとりかかりますこと、また樫を一から寝かせて乾燥させるために、全工程含め 二年半かかりますこと、ご承知おきくださいませ。 詳細な日程は職場と打ち合わせましてメールにてご案内させていただきます。

また、この商品に限り不良品理由以外での返品、交換はいたしかねますので ご了承くださいませ。受注生産なもので、申し訳ありません。 ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。


受注生産品のため代引きでのお支払いには対応しておりません
クレジット決済のみのお取り扱いです

Order Form
お好みの注文書におすすみください。


Silk
⇒Maehara Genesis発注ページへ 


皇室御用達
Maehara Shoten Home

Produced by backhome


雨傘 日傘 洋傘 和傘 パラソル 傘 の 心斎橋みや竹 TOPへ