傘屋の和ちゃん 傘コラム

傘で「護身」する!

和ちゃん新聞 1997年5月23日号 掲載分
米国と違って、日本では護身用の武器を所持することはできませんよね。でも 治安の良い街でも、確実に危険が迫り来る時があるはずです。そんな時、あなた を守ることのできる唯一の合法的護身用具として傘があるのです

変なたとえですが、あなたが泥棒や痴漢だったとして、駅からおりたった人物で 傘を持ってない人と傘を所持している女性とどちらをターゲットになさいますか

襲う⇒傘ではたかれる⇒いたい⇒逃走する⇒柄で足をすくわれて転倒⇒逮捕 という図式が脳裏をよぎるのは心理学的にいって明白なんですね。

異常性をもって迫り来る人物を退治する究極の方法は、あなたがレッドゾーン ぎりぎりまでに、それを上回る異常性で圧倒する??ことでんな


1.襲われたら、まず傘を用いてひるませて犯人との距離をつくる
2.今度は全開状態にして「お染ブラザーズ」状態で傘を回転させ 「うりゃうりゃうりゃうりゃ」と叫びながらつゆ先で威嚇する
3.一瞬傘をおろしてインパクトのある「ひんがら目」をみせる
4.性的欲望をそがれ、驚きひるんだ犯人の股間を傘の柄で容赦なく突きあげる
5.あとは全力疾走あるのみ
痴漢防止ブザーも周りに人がいればこその護身用具。その点、傘はいざという 有事に確実かつアクティヴに身を守りうる、あなたの自衛隊なんです 帰りが遅くなる方、淋しい道を通らねばならない方、是非傘を携帯して犯罪者を 心理的に威嚇しながら無事帰還しましょう。

満員電車でお触りされた時も、狙いさだめて足の甲に石突きチョップを一発みま ってやりましょう。出来心モードの男性だったら、ひるむこと間違いなし! って別に僕が痴漢やってて心理がわかるわけじゃないんだよぉ ほんとやて!ほんまやて!信じて〜な〜

かなりやばい傘の利用方法でした!(笑) 決して喧嘩等の攻撃手段には、絶対にお使いにならないようにね!護身用だよ!


次へ 千問万答に戻る

back home